気まぐれなわびさび

弊社ではごくたま〜に「会長の気まぐれ」なるイベントが突発的に発生します。

title_kaichou_ocha

同じような用語で「シェフの気まぐれランチ」がありますが、会長が起こすソレは本当の意味で「気まぐれ」のため誰も予想は出来ません。
もはや会長からの企画イベントのため誰も回避することは不可能というジャイアにズム全開のハイパーイベントです。

過去の例を挙げますと「突然ホルモンうどんを焼く」「応接室で手製の豚汁を振る舞う」「ひと晩じっくり煮込んだカレーを鍋ごと持ち込む」等、食事系に特化しており味付けも大変良いため、社員の数名は地味に心待ちにしているイベントでもあります。

 ○

さて、本日も慌ただしく道具を持ち出し何か準備を始める会長。

f_P1310157
給湯室で何かを混ぜています。

 ○

 ○

手元で細かくシャカシャカ・・・

 ○

あれ? なんかこの動作、どっかで見たことある・・・

 ○

f_P1310157_002
         ん?

 ○

P1310182
        んんっ??

 ○

f_P1310165
というわけで今回のイベントは会長主宰の「お茶会」のようです。

職場に残った社員全員にお茶を点ててくれました。

 ○

 ○

 ○

 ○

f_P1310144

差し出された“お茶”に対して

「ガチの御茶じゃないか!?」と少し困惑気味な新人営業のOさん。

この初々しい反応。 弊社に染まりきった社員から見れば羨ましい限りです。

 ○

f_P1310146
一緒に差し出されたお菓子  “ 和三盆 ” を口に入れて、

 ○

f_P1310150

意を決してひとくち!

 ○

f_P1310154

       /うえっ\

 ○

人生初体験の苦みに思わずうなだれるOさん。

地味ながらなかなか良いリアクションです。

 ○

f_P1310155
数分もすれば「苦いのは最初だけでもう慣れました」と余裕の表情。

入社当初から見られた適応能力の高さが光ります。

 ○

f_P1310160
4月でちょうど1年目を迎えようとしているデザイナーのMさんもほっとひと息。

入社後しばらくして体験した “会長イベント” に初々しいリアクションを見せてくれた頃が懐かしい・・・。
今ではどんなパスを投げても柔軟に受け止めて返してくれます。(慣れって凄い)

 ○

 ○

f_P1310171
社長も仕事の手を止めてひと息。

 ○

なんとなく「茶道部か!」とツッコミを入れたくなるようなひとときでした。

コメントを残す