手作り撮影エリアの設置

暦の上では春ですが寒さがまだまだ続く某日、やたらと長い荷物が届きました。

title_studio

嬉しそうに荷物へ歩み寄っていったのはデザイナー兼カメラマンのKさん。

長い棒を小脇に抱え、現在は倉庫として使用されている2階へ移動。
P1090021

P1090029
開封すると白い紙? が現れました。

模造紙のようにロール状に巻かれています。

P1090028
3mほどの長さがあるので持ち運ぶにも一苦労。

製品の状態を隅々まで確認しています。

 

P1090026
白い紙のチェックが終わると天井から鉄パイプをぶら下げ始めました。

P1090031
テキパキと手慣れた手つきで作業をこなしていきます。

P1090032
そして2本目の鉄パイプを先ほどの紙の筒へ通し始めました。

P1090033
どうやら完成したご様子。

天井から紙の筒がぶら下がりました。

そのままゆっくりと紙を地面へ手繰っていくと・・・

P1090035
あ、なるほど! こうゆうことね。

完全自作の本格的な“撮影ブース”が完成しました。

P1090249
今まではその都度 “撮影の場所” を確保する必要があり、

P1090242
デザイナーが求める構図のため、たゆまぬ努力が繰り返されてきました。
写真はスタイリッシュなジョジョ立ちの状態で撮影をするデザイナーのMさん


そんな背景もあり“常時撮影のできるスタジオの設置”は必須と判断しての制作だったようです。

(´-`).oO(最近ドタドタと2階の片付けがなされていたのはこれのためだったのか・・・

P1090042
経費の必要な機材にはお金をかけ、コストを抑えることができるアイテムには自作の方針で進めていったようです。

ブースの傍らには手作りの“レフ板”が鎮座していました。
こちらも発泡パネルと椅子の足、レンガ+ダンベルで構成されており、制作者の気合いが伝わってきます。

P1090046
スタジオの設置もひと段落したので、さっそくテストショット開始。

被写体はデザイナーのHさん。

P1090048
両手でヨーヨーを高速で振り回していきます。

適正なシャッタースピードの割り出しと、フラッシュの強さをテストのため俊敏な動きの被写体が最適だそうです。

P1090050
「なんか楽しそうだな〜」と遠くから眺める営業のO君。

ひととおりのテストが終わり本格的な撮影に入ります。

P1090277
賢明なまなざしでカメラを確認しながらも、愛らしさを醸し出す後ろ姿のKさん。

P1090328
その先輩の後ろ姿から何かを学ぼうと真剣に見つめる後輩デザイナーのMさん。

P1090287
「違う!そうじゃない」

たまに上から目線で先輩に指示。
(※やらせです

P1090310
床に敷いたマットが“六畳一間感”を出しており良い感じ。

 

P1090306
女性がひとりで座ってると  拉致監き・・・ 犯罪の香り    慎ましさが増しますね。

P1090318
その後2人で仕上がりをノートPCにて確認。

今まで以上にクオリティーの高い写真を撮ることができたそうです。

制作、設置、撮影。
全てスタッフが自立して動いた結果、実現したスタジオの出来は上々だったようです。

必要に応じて更なる進化と、この場所から生まれるエピソードに期待してしまいますね。

 

 

倉庫内を大掃除して撮影エリアの拡張を行いました↓

 

 

 

 

writer_h002