JUST -株式会社ジャスト- について


プリント

我々はパッケージデザインを中心とした企画会社です。

お客様の商品をより良く見せる包材のデザイン/企画を中心として「想いを伝える」ことを最優先に考え、適切なパッケージをご提案しております。

デザインのみでなく、“ デザインから手に取れる製品まで ”の行程を一括で行えることをメリットとしております。

 

個性豊かなスタッフが常駐しており、各々の強みを生かしたデザインをご提案致します。

 

プリント

興味のある方はお気軽にご相談下さい。

株式会社ジャスト

〒711-0907
岡山県倉敷市児島上の町1丁目8-8
TEL : 086-472-7514 FAX : 086-472-1778
E-mail : info@justcoltd.jp

 

詳細はこちらから http://www.just-coltd.jp
「ブログと業務内容がリンクしてないけどどゆこと?」と疑問を持たれた方はコチラをお読みください。

 


このブログを初めて見た、記事を読んで疑問に思った方のために「よくあるご質問」や「関わっているスタッフ」をまとめてみました。

qanda_just001

パッケージを中心とした「企画/デザイン」を提供する株式会社ジャスト(以下、ジャスト)のブログです。

企業のブログでありながら、諸事情により全体の8割以上がライターの趣味全開の記事となり、一般企業としては少々毛色の違うブログでもあります。

日々、デザイン制作(正業)に追われながらの執筆のため更新頻度は緩め。およそ1週間に1度の更新頻度となります。

これからも社内(ジャスト)の雰囲気を伝える媒体としてだけでなく、「ニッチだけれどもきっと誰かの役に立つ情報」を中心に更新していければと思っています。


qanda_just002

「もの作り関連」が多く、それにともなうTips(裏技や豆知識)をご紹介しています。

ただし全体的に「なんでこんなマニアック寄りに偏ってるの?!」と思いたくなるようなコンテンツが満載です。

“その場のノリと勢い” や “その時期のマイブーム”を一点集中させて書かれていることが多いため「世間ではこれが流行ってる」系の「時事ネタ」が載ることはほぼありません。

いずれ「なりたくてなったわけじゃない中間管理職者の苦悩日記」とか、「部下との関係性を向上させるためのアンガーマネジメント」等、生々しい実体験に基づいて得た知恵をまとめて、コラム形式で連載していきたいとも考えています。

 

オススメ記事はコチラ。是非ご覧ください。

 

 

 

 

 


qanda_just003

営業、デザイナー、カメラマン、職種は違えど基本的にノリが良く、与えられた仕事に対して真摯にとりくむ人達です。

全員共通して言える特徴は「知らない土地を歩いているにも関わらず、なぜか道を尋ねられる」

そんな感じのメンバーです。

stuff_hamada2016Profile
名前:ハマダ (メインライター)
好きなこと:「もの作り」


企画デザイン室の責任者。木や金属を削って、細工をこしらえて・・・両手は常に何かをするため稼働中。「楽しい!」と思ったことは即実行。「めちゃくちゃ楽しい!!」と分かったら周囲を巻き込んでドンドンのめり込む。週末は山に登って自然を満喫、平日は昼夜問わず「ものづくり」を繰り返していたとある日「競技用ヨーヨー」の存在を知ってしまい「マニアックだけども関わる人達が熱い世界」を愛して止まない心 が起爆。仕事の合間に「ヨーヨー」仕事から帰って「ヨーヨー」「枕元にヨーヨーを置いて眠る」といった病的な生活が進行形で続いてる。「仕事のパフォーマンスが落ちる」との理由から睡眠不足は削りたくないため、これから何を犠牲にしていくかを検討中。

 

 

 

 

 

 

 

 

stuff_mimura

Profile
名前:ミムラ (メディアチームアシスタント)
好きなこと:「未体験のできごと全般」

 


企画デザインチーム室のエース的存在であり、社内のムードメーカー。同時に周囲の男達をいろんな意味で狂わせる罪作りな女。入社してから今日まで先人の仕事ぶりをどん欲に吸収。「行動力が服を着て歩いている」と形容しても過言でない程に一度決めたらやり遂げる精神力と、平成生まれらしからぬ「昭和的根性論」を持ち合わせた体育会系女子(でも学生時代は茶道部)。「己の信念に従い「後悔をしないように生きる」がモットー。裏表のない素直な性格でリアクションが良く、社内では「いじられキャラ」である。「バイト先のレンジの中身を爆発」「ツバメの真似をして顔面強打」などのスパイス5倍増しな伝説を数多く持つ。最近は早朝(5時30分)に起床して部屋の掃除に勤しむことがマイブーム。

 

 

コメントを残す