夏の風物詩(※虫注意)

軽度ですが虫ネタのため、苦手な方はこれ以上進まないことをお奨めします。
1_1



P1030433
出社すると駐車場の壁にセミを発見!

「木の幹でなく人工物の壁に停まるとは珍しいな・・・」と思いながらふと気付きました。

P1030435
違和感無く並列してたのでスルーしてましたが、隣に抜け殻を残して停まっています。

つまり羽化してすぐの状態!?

第一発見者のYさんによると、見つけた当初は殻に重なっていたとのこと。

羽化したての状態・・・ガチでした。

これはなかなかレアな風景!!

しかし一点だけ気になることが・・・

P1030475
壁の下、

P1030476
壁の下(拡大)

P1030477
壁の向こう側

P1030478
壁の付近・・・

このセミの幼虫はいったいどこから出現したんでしょう?

P1030479
付近には亀裂の入ったコンクリートの隙間が数カ所ありましたが、セミの幼虫が出現するには小さい気がします。

アスファルトに被われた駐車場のため近辺には目立った土壌は無く、幼虫の歩行スピードから考えても壁まで到達するまで時間がえらくかかりそうです。

いったいどこから現れてここまで来たのか・・・

P1030435_
何も考えずほっこりとした気持ちで見守っていましたが、よくよく思えば真夏のミステリーですね。

この後、セミの羽を少し突っつくと、おしっこを垂らしながら遠くへ飛び立って行きました。

羽化に、謎に、おしっこ・・・ 夏の風物詩全開な出来事でした。

 

コメントを残す