マネキンの艶消し作業

 

以前購入したアスリートマネキンの艶が目立つため、照り返しを消す作業を行ってみました。

title_mane


艶々で逞しさ溢れる上半身。

腹筋の辺り複雑な凹凸がある部分の反射がきつく、写真を撮った際に照り返しを消すための画像加工を余儀なくされるため以前より問題視されていた点でした。

 

P1030440
用意しましたのは“トップコート(艶消しスプレー)”

ウレタン系の溶剤はマネキンの塗装を侵す恐れがあったため、今回は水性のものを使用。

P1030455

一日晴天が続く日を天気予報アプリ片手に待って、いざ作業開始。

P1030442
         / 犬神家 \

(\    _
| )   / )
/ |  ( /
/ /   ||
/ |   ||
\ \  / |
\ \/ /
_|   /__
 ̄三三三二 ̄

 

49492 P1030442
                完全に一致

P1030445
ご近所の方々の視線を受けつつマネキンを設置します。
(遠巻きに見ると現代アートみたいに見える・・・(´~`))

 

P1030448 P1030447
中性洗剤で浸したタオルを固く絞って表面の脱脂作業。

P1030456 P1030459
炎天下の元、汗をダラダラかきながらまんべんなくスプレーを吹き付けます。

晴天のため定着した途端、速攻で乾燥していきます。

 

 

P1030465
定期的に照り返しをチェック。

生半可な吹きつけでは艶は消せない模様・・・。

 

P1030468
約20分の作業の末、なんとか艶消しな状態までもって行けました。

P1030466
艶消しになり高級感も上がったような・・・(ブルジョア犬神家)

 

hikaku
塗装前との比較。

光の加減が均一になっていることがわかります。

炎天下の作業で体力は浪費しましたが、生産的な作業でした。
スプレーを3缶消費しましたが得られた効果を考えれば適切なコストだった気がします。

次の撮影が楽しみですね。

 

コメントを残す