持っててよかった パラコード -後編- 2本のパラコードでつくるブレスレットの制作方法

前回に引き続き「引っ張ると瞬時にパラコードに戻るブレスレット」の作り方をご紹介します。

title_motteteyokatta0022

前回の記事をベースにしていますので事前に目を通してから観覧してください ↓

【- 手順1 – パラコードの下準備】
P1110892
まずはパラコードの下準備から。

8mm径のコードを2種類用意。それぞれを「2m」の長さでカット。

P1110888
双方の端っこをガストーチで炙って溶かします。

 

~ ※ここから2種類の手順に分かれます ~

【手順A】
003
飴状に溶けた状態のコードを素早く接着。

しばらくの間は溶けた箇所が高熱を持ちコード同士が完全に癒着されていません。

この状態では少し引っ張るだけで接着箇所が外れてしまうため、冷めて完全に硬化するのを30秒ほど待ちます。

004
軽く折り曲げてみて「パキッ」と折れないことを確認します。

005
バックルにコードを通してしっかりと絞り、前回にご紹介した手順【03】から進めてください。


【手順B】
006
コードの両端を炙り「ほつれ留め」を施した後、分割したままのコードを写真のようにバックルへ通します。

007
反対側のバックルに通してブレスレットの径を調整。

008
コード(A)で作った「輪」の中へ、コード(B)を。

コード(B)で作った「輪」の中へ、コード(A)を通してしっかりと絞って固定します。

009
続いて反対側のバックルに通して、

010
写真のような状態になるようにコードを整えます。

011
編み始めは4本のコード=「芯」と、炙って溶かした先端2本を巻き込むように編んでいきます。

 

P1110901
残りの行程は「前編でご紹介した手順」に従って編んでください。

P1110902
途中でコードを絞り調整する行程も変わりません。(2色に分かれているため、単色よりも作りやすいです

P1110903
完成したブレスレットは裏と表で模様(色のパターン)が異なります。

P1110904
編み方の都合上 “リバーシブル”となるため、その日の気分でカラーパターンを選択できるのは嬉しい仕様です。

P1110905
今回も途中でコードを絞りながら作ったため、全体的に硬めな仕上がりとなりました。

【ブレスレットの解き方】
nuki001
ブレスレットの中に収納していたコードの先端を摘んで引き出します。

nuki002
2本のコードを順番にたぐり寄せていきます。

nuki003
編み目を2、3つ程解いていきます。

 

ブレスレットの解き方

 

nuki001

まずはブレスレット内部に収納していた2本の先端を引き抜きます。

nuki003
次に編み目2、3つほど解いて左右に引っ張れば簡単にロープ状に戻りました。

 

【手順A】のように「熱接着した状態」の場合、接着部分を強く左右に引っ張れば簡単に千切れるため「2本のロープ」として使用が可能となります。

 

 


 

P5170122

完成したブレスレットを腕に巻いてトレッキング。

予備のパラコードは「ストラップ」にしてリュックにぶら下げてみました。

 

重量も軽くかさばるものでは無いため、携帯していても損はないアイテムです。

 

007P5170104
次回はパラコードブレスレットの実用例“ 大真面目に不まじめ ” な内容でご紹介します。

 

 

 

 

writer_h002