お手軽・簡単 パラコードストラップ – 1分でマスター!「スネークノット」の編み方 –

簡単+お手軽なのに、応用次第で幅広いアレンジが楽しめる「スネークノット」の編み方をご紹介します。

 

 

 

基本的に同じ編み方の繰り返しなので、コツさえ掴めば簡単に編むことができます。

 

 

アイディア次第で「パラコードハンドスピナー」も作ることが可能。

スネークノットで編みました

 

 

簡単な割には汎用性が高いので、是非とも覚えておきたい編み方です。

 

 

 

 

 

編む前の下準備

 

 

 

「80cm」ほどのパラコードで「15cm」のストラップが完成します。

 

 

 

 

今回は編み方の手順を分かりやすくするため、2色のパラコードを繋げてスタート。

2色なので各40cmの長さとなります。

 

【01】

2本のパラコードの先端をバーナー(ライターでも可)で炙って先端を溶かします。

 

【02】

ドロドロになった先端同士を接着して、

 

【03】

素早くハサミの先端(平らな金属ならば何でも可能)で押しつけて、繋ぎ目の“コブ”をなるべく平らにしておきます。

 

【04】

“繋ぎ目”のコブを後の行程(編み込み)で隠すため、接着した箇所を「2〜3cm」ずらしておきます。

 

 

 

「基本」の編み方

 

【05】

コード(A) を“クル”っと囲むようにしてコード(B)で「輪」を作ります。

そのまま下をくぐらせるまでが、スネークノットを編むときのスタート動作となります。

 

 

 

【06】

次に、コード(A) コード(B) 下にくぐらせます。

 

 

 

【覚えておくと後が楽なポイント】

【05】【06】の行程は、よく間違えやすい(上だったか下だったかが曖昧になる)ポイントなので、ここを重点的に覚えておくと後の作業が楽になります。

 

 

 

【07】

コード(B) の「輪」に コード(A) を通します。

この時、元からあったコードの「上」にくるように通しましょう。

 

 

 

 

【08】

結び目をしっかりと絞りながらコード(A) コード(B) を同時に引っ張ります。

 

以上で「スネークノットの基本的な編み方」は終了。

 

基本的には【05】【08】の手順を繰り返していくだけです。

 

 

 

 

“繋ぎ目”の隠し方

 

【09】

続いて、熱接着した繋ぎ目(コブ)を隠します。

 

 

 

【10】

ここは【05】と同じ状態。

 

 

 

【11】

【06】と同じ行程を経て、

 

 

 

【12】

【07】の状態へ。

 

 

 

【13】

熱接着した繋ぎ目(コブ)の上に被せるように結び目をゆっくりと小さくしていきます。

 

 

 

【14】

“繋ぎ目”の粗隠しは後からは調整することができないので、ここでしっかりと位置合わせを行ってください。

 

こんな感じで隠すことができればベスト!

 

 

 

それからは「基本動作」のくりかえし

 

【15】

あとは延々と編んで行きます。

途中で「ピンッ」とコードを左右に張って締めたりしながら全体の形を整えましょう。

 

 

 

編み終わりの始末

 

【16】

必要な長さを編めた状態で出来たら、“カラビナ”等を通す穴を作ります。

 

 

 

ここも【05】【06】基本動作を繰り返すのみ。

 

 

 

 

「人差し指」が通るほどの輪を作ってから、しっかりと結び目を絞ります。

 

 

 

 

 

【17】

結び目は1つでも問題ありませんが、保険をかけて2つ作りました。

 

 

 

【19】

結び目ギリギリでコードを切って、

 

 

ほつれ防止にバーナーで炙ります。

 

 

 

 

 

完成した全体図

 

 

編んだストラップにカラビナを取り付ければ完成!

 

全体のバランスをしっかりと考えて作れば、「手作り感」が払拭されて既製品のようにも見えます。

 

 

 

今回は2色のパラコードで編んだので、表とうらで色のパターンが異なります。

 

 

これが “スネーク” ノット。

曲げてみると確かに「ヘビ」っぽい・・・

(´-`).oO( 海ヘビ?)

 

「コブラステッチ」といい、ヘビにちなんだ名前が続きますね。

 

 

 

カスタマイズしてオリジナルの編み方に挑戦してみるのも楽しみのひとつ。

 

 

 

 

応用編 & 作品例

 

「ストラップパーツ」と「コードアジャスター」を取り付ければ、本格的なストラップが作れます。

 

 

 

既製品を購入するよりも愛着が湧きますね。

 

 

 

 

次回は「カラビナ」や「ストラップパーツ」「コードストッパー」などを利用したアレンジをご紹介します。

 

 

writer_h002