持っててよかった パラコード -前編- 瞬時にバラせるパラコード ブレスレットの作り方

以前、最もベーシックなストラップの編み方をご紹介しましたが、今回はより実用的な(結び目をほどけば瞬時に1本の紐に戻る)編み方のご紹介します。


今回は単色ブレスレットの作り方となります。
2本のパラコードを使ったカラフルなブレスレットの作り方はコチラから ↓

携帯する理由

山登りを始めてからというもの、ただのアクセサリーとして着用していたパラコードを「紐(ロープ)の用途」で使用する機会が増えてきました。

 

P5170036__
人命を救助するロープとしては不安の残る細さですが、「テントを張るための補助ロープ」   逃げ惑う対象物の捕獲     」など意外なところで役立つことが多く、登山をする際には“ブレスレット”と“ストラップ”の2種類を編んで携帯しています。

007P5170104

基本的にロープとして使う時は“ブレスレット” から “1本のパラコード”に戻す行程 ” を瞬時に行えることが求められます。

以前ご紹介した編み方では解くことが容易でないため、今回は専用の編み方を順を追って説明していきます。


とりあえず動画で説明

ちなみに動画で説明するとこんな感じ↓

しっかりと編まれた「ブレスレット」が面白いほどにパラパラとほどけて「1本の紐」に戻っていきます。

(´-`).oO( バラすのは一瞬、編み直すのは・・・)

付属パーツの説明

ブレスレットを編む前に必要かつ重要な「リリースバックル」。
P1110523
プラスチック素材で作られており、ブレスレットの着脱には欠かせないパーツです。

「コンパス」や「ホイッスル(笛)」の付いたアウトドア性の高い種類もあり、所有するだけで中二病魂をくすぐりますね。

P1110527
これは「火打ち石」が埋め込まれたバックル。

コツは必要ですがちゃんと火を起こすことが可能です。

パラコードの下準備

P1110311
次にパラコードの下準備。

8mm径のコードを「4m」の長さでカット。

P1110309
“ポケットトーチ”を使ってパラコードの先端を炙り、ゆっくり溶かします。

溶かすのに時間の掛かるライターに比べて火の温度が高く(1300度)炙った先から瞬時にコードが溶けていきました。

パラコードはあまり長い時間熱すると焦げ目が付いてしまうため、短時間で溶かすことの出来るトーチは持っておくと嬉しい道具のひとつです。

P1110313
バックルの細い隙間に通すため、先端を炙った後に金属の定規などに押しつけて平たくしておくと後々の作業が楽です。(プラスチック製の定規だと溶けることがあるので注意してください)

 

ブレスレットの制作

芯地の組み方

【01】
G001
「4m」のコードの中心部(半分にした2m)の箇所をつまんでバックルに通します。

【02】
G002
G003_
写真の状態にしてしっかりと絞っておきます。

【03】
G005
G006
反対側のバックルにもコードを通します。

【04】
G007
全体像を見るとこんな感じ。

【05】
G004_
手首に巻いてみて指が2本入るスペース」を確保した長さをキープ。

【06】
G008
「芯」になるコードが4本になるようにバックルへ通します。

編み込み開始

【07】
G009_
最初の行程で“キュッと絞った”側のコードから編み込みをスタート。

【08】
G010_
向かって右側のコード(A)を「輪」のような形状にしながら「4本並んだ芯」の裏側へ敷きます。

【09】
G011_
コード(A)で作った「輪」の中へ、コード(B)を写真のように折り曲げた状態で通し「芯」の上に置きます。

【10】
G012_
その後、コード(A)を赤矢印の方向へ引っ張ります。

【11】
G013_
G014_
今度はコード(B)で「輪」を作り、コード(A)を写真のように折り曲げた状態で「芯」の下に敷きます。

【12】
G015_
コード(B)を赤矢印の方向へ引っ張ります。

【13】
G016_
G017_
G018_
【07】〜【13】の編み方を続けていきます。

途中でしっかりと調整

【14】
G019
G020
G021_
ある程度の編めた段階で、ステッチ状になったコードを指で押さえながら、端(バックル側)に向けて押し込みます。

【15】
G022_
各ポイントの形状を整えながら、全体のバランスを調整していきます。

【16】
G023_
再び【07】〜【16】の行程を繰り返していきます。

【17】
G024
G025
全体の3/4が編めた段階で編み込み作業を一時ストップ。

【18】
G026_
写真の箇所を指で摘んで引っ張ります。

G027_
左右順番に引っ張って行くことでブレスレット全体が締まっていきます。

G028
最後まで引っ張り調整が終わったら、

G029
逆側を向けて同じように調整をかけていきます。

 

仕上げの作業

【19】
G030_
これらの行程を繰り返し、コードの長さが残り5〜6cm程になったところで「締めの作業」に移ります。

写真のようにコード(B)で「輪」を作り、

G031_
コード(A)を まっすぐの状態 で通してコード(B)を引っ張ります。

G032_
その後、コード(A)を引っ張ります。

【20】
G033_
写真のようにコード(B)を「輪」を作りコード(A)を通します。

コード(B)の先端を通す箇所に注意。

G034_
コード(A)コード(B)を同時に引っ張ります。

ここはしっかりと強めに引っ張ってください。

【21】
G035_
ブレスレットを裏返し(C)の箇所を持ち上げてトンネル状の「隙間」を作ります。

G036_
(C)の「隙間」にコード(A)を通します。

G037_
続いてコード(B)も通します。

G038_
(C)の「隙間」に通したコード(A)コード(B)を同時に引っ張ります。

G039_
印を付けた箇所を摘んでトンネル状の隙間を作り、コードを通していきます。

G040
これまでの行程でブレスレット全体をかなりキツめに編んでいってるため指の力だけでは大きめの「隙間」を作ることが困難です。

この点は「フォーセップ」を使うことで作業が大幅に楽になります。

G041
G042
「摘んで→隙間を作って→コードを通す」を繰り返し、コードの端を隠すことが出来たら「締めの作業」は完了です。

G044_
あとは隙間に通した2本のコードを馴染ませるようにして形状を整えます。

G043
違和感のないよう形を整えることが出来たら完成です。

 

完成した全体図

【22】
G045
仕上がりの寸法は約18cm※バックル部分を除く)

長さ4mのパラコードが18cmのブレスレットになりました。

 

G046
制作途中でしっかりと締めたり絞ったりして圧縮されているため、全体的に密度が高く硬質な仕上がりとなります。

【21】で隙間に入れたコードを搔きだして数カ所をほどき、左右に引くことで瞬時にバラすことが可能。

登山する際には何かと役立つので、身につけておきたいアイテムです。

 

ブレスレットの解き方

※写真は「2本のコードで作ったブレスレット」ですが、解き方は共通です。

nuki001

まずはブレスレット内部に収納していた2本の先端を引き抜きます。

 

nuki003
次に編み目2、3つほど解いて左右に引っ張れば簡単にロープ状に戻りました。

 

 

 

応用編

今回は「1本のパラコード」で作りましたが、次回は「2本のパラコード」で編むブレスレットの作り方をご紹介します。
P1110903
2色のコードを使うため、カラーの組み合わせが楽しめます。

制作工程も今回とほぼ同じなので、合わせてご覧ください。

 

 

writer_h002