MacOS10.9(Mavericks) + Photoshop cs6で起こるショートカットバグの修正方法

 

今回も前回に引き続き「Photoshop」関連の問題と、その対処法をご紹介。

新規インストール後起動すると

「ショートカットの大半が“Command + 1”になってしまう」

といった、MacOS10.9(Mavericks) + Photoshop cs6の組み合わせですとほぼ必ずと言って良いほど起こるバグです。

title_photos

ichibakari
こんな感じでメニューのショートカット大半(と言うより全て?)が「Command + 1 」に成り代わって機能しない状態となります。

mav
個人的に悪名高いMacOS10.9(Mavericks) 上で Photoshop cs6 をインストール後→起動でほぼ例外なく発生するバグで、Adobe公式でも認められています。

【対処方法】

shuuryou
とりあえず起動している「Photoshop」を終了させましょう。メニューから「終了」を選択。

「Command  + Q」で終了のショートカットが効かない事実に泣けてきます。

shistem
続いて「システム環境設定」を起動します。

keyboad
開いたら「キーボード」をクリック。

kurikku
「入力ソース」を選択して【+】をクリックして、

us_sentaku
言語の追加メニューにて「U.S.」を選択して「追加」をクリックします。

tuikasareta
「U.S.」が追加されたことを確認。

usmenu
Finder右上にあるメニューバーの言語入力バーをクリックして「U.S.」を選択。

photo
その後、Photoshopを起動すれば、

last
無事メニューのショートカットは修正されました。

【これでも改善しない場合】
    ↓ ↓ ↓

help
Photoshopメニューの「ヘルプ」から「アップデート」を選択。

update
最終バージョンでない場合はAdobeアップデーターが起動してアップデートが開始されます。

再度Photoshopを再起動すればショートカットの問題は改善されます。

【ここまでやっても改善しないよ!という場合】
    ↓ ↓ ↓

Photoshopを終了後にFinderにて command +shift + G を入力「フォルダへ移動」を表示後、

pass

~/Library/Preferences/Adobe Photoshop CS6 Settings 

もしくは

Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop CS6 Settings 

 

と入力してEnter。

naka
すると普段は非表示のLibraryフォルダのPhotoshop初期フォルダへ飛べるので

「Adobe Photoshop CS6 Prefs.psp 」

を選択してゴミ箱へ捨てます。

その後Photoshopを再起動すれば改善されるのですが・・・

【Shit!! 変わらずcommand + 1 だったよ・・・ という場合】
    ↓ ↓ ↓

oshinagara
「command + shift + option」を押しながらPhotoshopアイコンをクリックして起動することで

kakuningamen
初期ファイル関連の設定を消去するアラートが表れるので「はい」を選択。

last
おそらくここまでやれば9割の確率で修正されていると思います。

(これで直らなかった場合は申し訳ありません・・・_:(´ཀ`」∠):_ )

以上、未来の自分達へ向けた覚え書きでした。

 

 

 

writer_h002