マッスルマネキンのご光臨


本日、4月初旬から待ちに待ちまくった備品が届きました。

title_mane

P1010033

P1010035
一人暮らし用の冷蔵庫ほどある段ボールに梱包され、遙かアメリカから来日です。
(朝日が後光のように眩しいですね)

P1010038
早速開封の儀。

P1010039 P1010040
巨大なプラモ的にガシガシ組み立てて、

P1030134
堂々の降臨!

スポーツ用品店等でたまに見かけるムキムキのマネキン。

正式名称は“アスリートマネキン”と呼ばれており、スポーツインナーでおなじみの「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」が店頭販売用に従来のマネキンと一線を画すため独自に開発したのが始まりだそうです。

制作をしているマネキンメーカーも数社しかなく、UNDER ARMOURからの需要が安定してからは新規で作成されることも少なくなった模様。
小ロットでの購入では製品単価が半端なく上がる(1体30万円!)ことからまとまった数量を購入することが好ましく、大量買いの必要性がない弊社はなかなか購入する機会に恵まれませんでした。

アパレル関係の商品撮影が増え、ここまで筋骨隆々のモデルさんを確保することも難しいことから購入を検討していましたが中古のマネキンを探すだけでも骨が折れる作業で、結局 “ebay” にて購入。

製品代:¥36,800に対して送料:¥42,000

という納得いかない料金設定でしたが(海外からだとこんなものなの?・・・)、これからの恩恵を考えれば総額10万円以内に抑えられたことは素直に喜んで良いのかな・・・と思いました。

P1030135
横から見ると凄い反り・・・

俗に言う“ヒーロ立ち”というかジョジョ立ち?

 

とりあえずこれからは力強さが求められるインナー系の写真の撮影はスムーズに行えそうです。

 

P1030136
うれしさの余り調子に乗って現代アート風にアレジメント。

 

P1030137
なんかガンタンクっぽくてカッコ良い。

しばらくこのまま飾っておくことにします。

 

 

コメントを残す