アルコールストーブを作ろう

アウトドアで非常に重要となる「バーナー(ストーブ)」。

「ガス」や「ガソリン」が主流になる中、未だ根強い人気を誇る「アルコールストーブ」を自作してみました。

title_alc

※今回の記事は火を扱う事になるため十分にご注意ください。

火災・事故につきましては一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。


ロマン溢れる「アルコールストーブ」

”燃料用アルコール”を使用して着火し、外でお湯を沸かしたり調理する用途で活用するキャンプ用品です。

p1270894

現在はガスカートリッジを使用した「ガスストーブ」が主流となり、アルコールストーブは趣味のアイテムとなりつつあるようですが、

 

・簡単な構造で破損しにくい。

・燃料のアルコールが比較的安価である。

 

という点から未だ根強いユーザーが存在するのも事実です。

 

 

 

 

「アルミ缶を2つ用意すれば自作することが可能」知ったので胸弾ませながら早速トライ。

 

 

 

 

 

まずは下準備から

 

アルミ缶の処理方法

p1270846

350mlサイズのアルミ缶を2つ用意します。

※中身は入ったままの状態の方が好ましいです(塗装剥がしの際、中身が無いと缶が凹みヤスリがけが困難になるため)

 

 

p1270850 p1270851

サンドペーパーを使用してひたすら表面を研磨。

最初のうちは簡単に塗装が剥げて楽しいのですが、なかなか消えてくれない塗装箇所がチラホラ現れると気持ちが萎えてきます。

※2缶目の処理終盤は発狂しそうでした。

 

 

ペイントリムーバー(塗装を剥がす薬剤) で剥がす方法もあるので、単調な作業が苦手な方は検討をお勧めします。

 

 

 

 

ようやく削り終えて休憩を取ろうとした矢先、

p1270852

      (;´Д`) ?!

 

 

 

 

p1270852___

\(^o^)/うわああああああああああああ


(表面をヤスリ過ぎてコーラが噴射された図)

 

 

 

 

p1270855

トータルで「50分」の格闘の末、ようやく2本分の塗装剥がしが完了しました。

 

 

 

【処理前】
p1270846
       ↓ ↓ ↓

【処理後】
p1270855

こうして並べてみると「がんばったなぁ〜」という達成感で胸いっぱいになり、後々のストーブ作りがどうでも良くなってきたので一時休憩。

 

 

 

 

「アルコールストーブ」の制作方法

 

「カバーパーツ」の制作

下準備を施したアルミ缶を使用してまずは “炎が直接吹き出す”「カバーパーツ」を作ります。

p1270856

アルミ缶の底部分に「直径 約3.5~4mmの円」をマーキング。(今回は軟膏ケースをガイドとして利用しました)

 

 

p1270857

円ラインに沿って「ハンドドリル」(手元に無い場合は「千枚通し」でも代用が可能)で穴開け。

 

 

p1270858

「ラジオペンチ」を使って底部分を慎重に剥がしていきます。

 

 

 

 

p1270859_ p1270860_
P1270861 p1270861_

写真のように6つのラインを引いて「サークルカッター」等で円形に切り取ります(妖怪メダルが丁度良いサイズでした

 

 

 

p1270865

先ほど開けた「円径の穴」に被せて、缶のフチ部分に点を書きます。

3等分になるように書き込み合計24個の点をマーキング 

 

 

p1270866

印に沿って穴を開けます。(約 1〜2mm径)

 

 

p1270867_

中心に開けた大穴はヤスリで削り、滑らかに加工しておきます。

※うっかり触って手を切ったりしないよう注意してください。

 

 

 

 

p1270873

「底側から30mm」の部分に印をつけて、慎重に「釘」などを使用して「小指サイズの穴」を開けます。

 

 

p1270874

穴を起点に「調理バサミ」等で丁寧に切り取っていきます。

 

切り口を綺麗に削れば「カバーパーツ」の完成。

 

「燃料庫の制作」

次にもう一方の缶を加工します。

p1270875

底側から「27mm」の箇所に印をつけカット。

 

これがアルコールストーブの「底」となります。

 

 

 

 

 

 

p1270876 p1270877

缶の余った部分を豪快にカットしてシート状に広げて「37mm幅」にカット。

 

 

 

p1270878 p1270879
p1270881 p1270882

「底」パーツの中心にある突起より「2mm」ほど大きめの輪っかを作り、ホッチキスで止めて固定。

 

 

 

p1270884

縁に「3mmの三角」の切れ込みを均等に3カ所作れば「しきりパーツ」の完成。

 

 

全体の組み立て

 

p1270889

事前に作っておいた「底パーツ」のフチ部分に切れ込みを作り、「カバーパーツ」が入りやすくするための調整をします。

 

 

 

p1270890

最後に「しきりパーツ」を置いた状態で、「カバーパーツ」をゆっくりと馴染ませるように被せれば完成!

 

 

 

次回は火をつけて実際に使ってみようと思います。

 

 

 

writer_h002

 

コメントを残す