溶剤(シンナー/ジッポオイル)の再利用方法

ベアリング洗浄の際に「ジッポーオイル」を小瓶いっぱいに満たして何度か利用した後、中の鉄粉やホコリが目視できるようになった時点で溶剤を廃棄していました。

とある日「不純物が混入したのみで燃料的な角度からは特に問題なくライターの燃料としての再利用ができるのでは?」 との疑問から試みた実験スタートです。

title_shin

P1030285
ベアリングの洗浄を行い、液内に細かなホコリや汚れが気になり始めたら別の大きめの瓶に溶剤を移し保管していました。

P1040205
見た感じは透明度の高い液体に見えますが、よ〜く目を凝らして見ると瓶の底にホコリや鉄粉が沈殿しています。

 

P1040203
今回の主役はこちらの「との粉」。

ホームセンターの材木コーナー等で300円程で購入可能。

P1040210
おもむろに瓶内にとの粉を投入してグルグルと静かにかき混ぜます。

P1040216

P1040218 P1040214
混ぜた瞬間真っ白になりますが、10分もすればとの粉が瓶底に沈殿してきます。

 

P1040219
瓶の内部は「溶剤」と「との粉」とが層でキレイに別れています。

との粉が液内の不純物を抱きかかえて沈殿している模様。

P1040220
1時間ほど放置してから“ろ過”作業に入ります。

500mlのペットボトルを加工して「漏斗」(ろうと/じょうご)を作成します。

P1040221 P1040223
写真のように切って反転させて近くに転がっていたマスキングテープで固定。

P1040222  P1040224
P1040225 P1040226
「ろ紙」が手元になかったためキムワイプ(精密機械用のティッシュ)を使用。

目が荒いので2枚重ねで漉してみました。

P1040228
ろ過作業なのにもの凄い早さで終了。

P1040229 P1040232
「絶対に上手く行ってない!」

と思いながら瓶底に目をやると案の定・・・

との粉が紙の目を通り過ぎてしまっています。

P1040235
残念な気持ちでコーヒーフィルターを使用して再度ろ過作業を開始。

P1040236
透明な液体がゆっくりとろ過されて通過していくのがわかります。
(´-`).oO(最初からこうすればよかった・・・)

P1040240 P1040241
・・・と思ってたらうっすらととの粉の姿が!

細かい粒子が通り過ぎてしまっていた模様です。

「とりあえずジッポライターの燃料として使えればいいや!」という観点から今回はこれで良し!とします。

P1040248
ろ過したオイルをライターに注入後、無事着火できました。

ジッポオイルの純度的な角度から見れば少々問題があるかもしれませんが、最悪の場合“ライター内部の綿”を交換すれば良いだけのことなので今回の検証はまずまずの結果だと思います。

使用済みのとの粉はそのまま乾燥すればボロボロと乾いた紙粘土のように簡単に除去することが可能です。

次回はちゃんとした「ろ紙」を使用して“ろ過作業”を行いたいと思いました。

コメントを残す