キーカバーを作ろう

車の鍵を保護+見栄えを良くするためのキーカバーを作ってみました。

title_keycover

P1000925
日常使う分には特に必要ないものですが、地の色がクリアピンクのため以前からなんとかならないものか・・・と悩んでおりました。

過去に行ったように裏から塗装も考えましたが、全面でなく中途半端な塗装になるのでいっそのこと全面を覆い隠すことが出来るカバーを作ろう!との判断で作成に移ります。


スクリーンショット(2015-04-27 11.16.23) スクリーンショット(2015-04-27 11.00.01)
頭に思い描いた形状を写真を下地にトレス。

P1000862
キーカバーは小さなものなので、余っていた皮のハギレを駆使して作ることにしました。

P1000863 P1000864
下地を元に素材をカットしていきます。


P1000865

なんか人の顔に見える・・・
(´-`).oO(おかっぱのアゴの長い人?)

P1000871 P1000872

以前自作したウッドスリッカーを使用して、裏面を滑らかに磨いていきます。

乾いた後でキーリングを付ける部分にハトメリングを打ち込みます。
P1000877 P1000878
       ゴンッ!          /ぎゃーっ!\

P1000880
ハトメリング打ち → バネホックを取り付けて下地作りは完了です。


P1000885
端っこにゴム糊をたっぷり塗りつけて、

P1000886 P1000887
しっかりと圧着します。

P1000892 P1000893
トコノールを付けてヘリ磨き。

P1000895
形状を整えるレベルの作業なのでそんなにしっかりと磨く前に止めます。

P1000896
糸を通す溝を掘って、

P1000897
穴を開けて、

P1000900
ガシガシ縫い付ければ・・・

P1000901
大筋での形が完成しました。

P1000903  P1000905
周囲を水で濡らして一時的に革を柔らかくしてから、金属の棒を突っ込んでアール部分に立体感を持たせます。



P1000906 P1000907
鍵を入れてみて確認。
いつもはブカブカだったり、まったく入らなかったりで笑いの神が降りてくる瞬間ですが今回は驚くほどジャストフィットです。

さ〜て、このままスナップを閉じて確認してみます。

 P1000908
スナップを閉じて確認・・・

P1000909
スナ・・・プ、 確・・・認・・・

       え?

      あれ?!

 これ、どうやって閉じればいいんだ!?

       \(^o^)/

笑いの神はちゃんと降りてきてました。しかも結構なハイレベルの神のようです。

押しても伸ばしても鍵がカバーに入らないその様はまさに知恵の輪状態

よもや設計段階からミスが起こっていたとは・・・想像すらできませんでした。

 P1000916
そのまま考えること20分、上記のように穴を設けることで知恵の輪問題を回避。
(´-`).oO(おかっぱのムンク・・・)

 P1000917 P1000918
P1000919 P1000920
捻るように入れることで革にダメージを与えることなく収納することが出来ました。

P1000921
ひとまず完成。

一時頭を抱えるレベルの問題が勃発しましたが、ようやく頭の中で思い描いた形状に会うことが出来ました。

P1000922 P1000924
本番仕様でヘリを磨いて、表面にオイルを塗って馴染ませて完成。

P1000927 P1000928
今更ですが、しっかりとささり回せます。


P1000934

P1000938

穴の処理がいかにも“手作り感”が出ているのが少々残念ですが、クリアピンクを覆い隠すことができたので満足!

ドアロックを開けるときにボタンが押し辛くなったのはご愛敬ですね。

総合的に作って良かったです。

コメントを残す