サブバーナーの候補を 本格的に考えてみる 「ネイチャーストーブ」の導入実験

野外で行う調理の幅を広げるため「ネイチャーストーブ」を導入を検討してみました。

title_160818stobe

バーナーは「そとごはん」の必需品

 

 

登山を始めてからどこへ行くにも携帯しているガスバーナー。

P1070444
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー

小型かつ軽量でありながら、その気になれば “ 最大「3600kcal/h」の火力 ” にて、お湯を沸かすレベルなら数分でOK !という

 

 

「とりあえず迷ったらこれを買っておいて損はない」

 

 

と心から思える安定のバーナーです。

 

 

 

購入してしばらくはガスバーナー単品で作れる「焼きそば」とか「ボイルソーセージ」などを作っていましたが、ある程度慣れてくると「煮込みパスタ」やら「ハヤシライス」等、少々手の込んだ食事を作るようになりました。

P1110087

複雑化することでバーナーひとつでは不便を感じる事が多くなり、補助的な「温め」や「湯沸かし」が行える “サブバーナー”の導入を考えてみたいと思います。

 

 

 

 

サブバーナーの候補

 

固形燃料のストーブ

2014-11-03 16.16.29

まずは定番の「Esbit(エスビット) ポケットストーブ」

 

 

 

2014-11-03 15.47.02-1

小さな金属の箱ですが、両端を立てることにより “簡易五徳” として使用することが出来ます。(個人的にはアルコールストーブと併用することが多いです

 

立てた壁面が「風防(風避け)」として機能してくれます。(気休め程度ですが・・・

P1090363

箱の中に納まっている付属の「固形燃料」(中央にある白い物体) なかなかの火力で良く燃えてくれますが、調理器具の底に煤(スス)が付いてしまうのが難点です。

 

kokei

そんな理由で最近はホームセンターにて「固形燃料」を購入して使用しています。

 

携帯に便利なミニマムサイズでサブバーナーとしてはメリットが大きく感じますが、如何せん風に弱い。

風防を設置した状態でも火力が安定せず、お湯を沸かすにも結構な時間がかかります。

フライパンを使用しての調理は「食材を保温しておく」レベルで使用するのが妥当と思われます。

 

 

 

 

アルコールストーブ

P1270895

お次は「アルコールストーブ」

空き缶を使用して自作することができ、単純な構造ながら本燃焼時の火力はなかなかのもの。

燃料のコスパといった観点からはやや微妙なものの、現時点では一番サブバーナーとして期待を寄せているストーブです。

 

 

ちなみに久しぶりに自作した相棒を使用した際、燃料がダダ漏れ状態で本体が燃え盛りました。

底からアルコールが漏れて本体がガンガンに燃えまくってます。 \(^o^)/

 

 

P1110334

そういった経緯で購入した trangia(トランギア) アルコールバーナー

 

真鍮製の本体が最高に渋い。半世紀以上のロングセラーを誇る定番品。

設計上の問題か、運搬時に隙間から燃料が漏れ出してしまうため、アルコールを入れたまま本体を持ち運べないのが難点・・・。

 

P1110522

運搬時はメスティンの中に入れてまとめることができるのが最高です。

燃料漏れ以外のデメリットが見られないと思いきや、

 

「アルコールストーブは風に弱い」

 

 

P1110336

頼もしい火力もあくまで「無風」の状態が前提。

 

野外で使用する際はしっかりとした横風対策を施しておかないと火力が半減されてしまいます。

 

 

 

 

 

ダークホースなネイチャーストーブ

 

そんなアルコールストーブの問題点を改善するために購入を考えたのが以下の製品。

160818001_

アルコールストーブの風防として検討。

いざとなれば「ネイチャーストーブ(落ち葉や枯れ枝を燃料としてもやすストーブ)」として使用することができそうです。

本体がチタン製ということもあり 重量が“116g”と軽量なのも良いです。

 

 

いろいろ調べていくにつれて使用できる燃料の縛りが少ない「ネイチャーストーブ」に興味が湧いてきました。

「ものは試し!」と評価も高く、コスト的にも丁度良い製品を選択。

 

 

 

160818002_
「アルコールストーブの風防」と兼用する形で購入してみました。

 

 

 

 

 

とりあえず買ってみた

購入手続きを行い、待つこと数日で手元に到着。

 

 

外観と梱包内容

P1130025
本体はステンレス製。

干渉して傷が付きやすい部分には保護用のシートが貼り付けられており、メーカーの姿勢に好感が持てます。

 

P1130024
収納時の状態。17.5cm×18cm×1cm(組立時サイズ

専用の袋が付属しており、本体を中にまとめると薄くコンパクト。

見た目の薄さに反して「600g」あるため、なにも考えず手にするとズシッとした手応えに驚きます。

 

 

P1130030
ステンレス鋼の粘りある剛性のおかげで、薄くてもしっかりとした耐久度を感じました。

 

 

P1130026
シート状の面に形成された「フック」同士を順番に噛ませるようにして箱状に組んでいきます。

 

 

P1130028
組み立てた状態で置いてみると結構な大きさ(17cm×17cm×18cm :組立時サイズ)に!

 

上から強く押しつけても潰れそうな気配は微塵もなく、重い鉄鍋を置いても大丈夫だと思える安定感があります。

 

これだけで「重いかも・・・」と思っていた印象は一気に消えました。

500mlペットボトルを携帯すると考えれば安いものです。

 

 

 

 

実際に使ってみた

 

「これは良いものを手に入れた!」と逸る気持ちを抑えながら使用テスト。

手始めに“メスティン”を使って炊飯に挑戦してみます。

P1130049

底の穴から材木の燃えカス(炭)が落ちるため、回収用のアルミホイルを敷いた状態での使用。

 

P1130050

燃料となる「木材」は工作で余った端材を使用します。

 

 

P1130051

その辺に落ちていた枯れ葉や乾燥した小枝などをかき集めて点火。

木材に火が本格的に燃え移るまでには少々の時間とコツが必要ですが、ストーブの構造による「煙突効果」により数分で本燃焼へと移行しました。

 

 

 

 

「メスティン」でご飯を炊いてみる

P1130053

※本燃焼に入るとメッチャ燃えます

 

 

 

P1130054

P1130067

ガスやアルコール燃料とは異なり、メスティンの底や側面に“煤(スス)”がどんどん付いていくのが確認できました。

 

 

 

(´-`).oO( これが・・・「ネイチャー感!」

 

と思うと同時に 後始末が大変そう・・・

 

 

P1130063

あまりの火力の強さに「吹きこぼれ」→「フタが吹っ飛ぶ」アクシデントが発生。

 

P1130066

急いで手頃な石をフタに置き、事なきを得ます。

 

普段は「米が焦げた匂い」で炊きあがりを判断するのですが、今回は木材の焼けた匂いが強すぎて 炊きあがりのサインが分かりません・・・。

 

中の水は完全に蒸発しているとの判断でメスティンを火から外しました。

 

 

 

P1130069

想定していた以上に煤まみれのメスティン・・・

「火事場」「爆撃後」なる単語が浮かんでは消えます。

 

焦げ付きの点では「ガスバーナー」や「アルコールストーブ」に大きく軍配が上がりました。

 

このまま20分ほど容器を逆さにして蒸らすターンへと移行。

無事炊けていれば良いのですが・・・

 

 

 

 

そとで「やきにく」に挑戦してみるぞ

P1130077
ご飯を蒸らしている間に「材木」を「炭」に切り替えて「一人焼き肉」の準備を開始。

 

 

~ 肉を約数時間前 ~

P1130046

米を炊く下準備と同時並行で、肉にも少々手間暇かけていました。

 

 

P1130047

すり下ろしたタマネギを肉の上から注いで1時間ほど放置。

ひとつひとつ丁寧に「筋切り」を施していきます。

 

これだけの手間でスーパーの奉仕品の肉が驚くほどに美味しく頂けるレベルまで化けます。

 

 

 

肉が焼けるまでの間にご飯の様子を見てみます。

P1130068

蓋を開けて中身を確認。

 

おおっ なんかめっちゃ良い感じで炊けてる!!

 

 

 

P1130070

箸を入れて底の状態を確認します。

ほんのりと色が付いた「お焦げ」はご愛敬。 むしろ想定内です。

 

結構な火力でガンガン炊いた割には優等生過ぎる炊きあがりに嬉しくなりました。

 

これはもうメスティンでの米炊きは完璧かも・・・

 

 

    \   デデ〜〜ンッ   /
P1130080

 

      「ですよねー。」\(^o^)/

 

 

ビックリする程のお焦げが顔を出しました。

 

米が張り付いた底は真っ黒になっておりバリッバリに硬化しています。

これは・・・食器洗いが大変そう・・・

 

 

P1130077

米炊きの衝撃に気を取られ、肝心の焼き肉がおろそかに。

あわてて肉の方に意識をやりますが・・・ あれ?一向に肉が焼ける気配がありません。

 

炭を使った炎では網まで距離が遠く、焼くための火力が足りないようです。

 

 

 

P1130085

一度「炭」を取り出して、着火媒体を「木材」に変更。遅れを取り戻すかのようにガンガンに火を焚きます。( ※ 直火を避けるためアルミホイルでガード

 

結構な火力で焼いているはずですが、肉はなかなか焼けてくれず・・・

 

 

 

それから20分ほどしてようやく口にすることができました。

P1130084__

良い感じに焼けた頃には周囲も暗く、お月様がすごくキレイ・・・

炊きあがりのご飯は残念なコンディションに・・・

 

 

‎(´・ω・`).oO(ごはん・・・冷めちゃった・・・)

 

 

「外でごはんを食べる」シチュエーション補整のおかげでなんとか完食することができました。

 

 

 

使ってみた感想とこれからの課題

“アルミ製のメスティン ”と“ スチール製の焼き網 ”の「煤」を洗うのは想定していた以上の時間と労力がかかりました。

それに反して“ステンレス製のネイチャーストーブ ”は楽に汚れを落とすことができました。

 

「パッと組み立てて、ガンガン焼けて、サッと片付けることが出来る」この気楽さは大きなメリットですね。

 

 

P1130087

一度使用すると綺麗な焼き色が付きます。

ステンレスの無垢なシルバー地も好きですが、「仕事をした!」感のある焼き色は大好物です。

 

木材を燃料として使用する点で困ったことは「火力の微調整」。

 

ガスバーナーは「ハンドルを捻る」、アルコールストーブは「通気穴を開閉したフタを被せる」ことで火を調節することが可能ですが、ネイチャーストーブは細かい「トロ火」が苦手です。

強い火力で焼くことを得意としているので、状況によって使い分けすることが得策に感じました。

 

ガシガシ焼いて行きたい時はサブバーナーとしての選択に加えても良いかもです。

 

 

 

writer_h002